ヒロアカ 夢 小説 ヴィラン。 【MHA】僕のヴィラン物語

『おひさまが微笑む時〖ヒロアカ / 爆豪、轟 / R18〗』第3章「☀︎ 大大大宣言」 13ページ

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

「今日はたまたまこの辺をパトロールしててな。 分かりにくかったようで申し訳ありません。 ラ行が言えなかったのはまだ赤ちゃんとかだった時の話として書かせていただきました。

11

【ヒロアカ】転生したら両親ヴィランだった。マジウケる

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

…え、こわ……。 「どうしてわたしのことなんか……」 「…お前名前は?」 「言わなきゃ…駄目ですか」 名乗るのを渋ると、ダイナマイトは「チッ」と軽く舌打ちをして、分かりやすく不満げな表情を見せる。 黒霧さんのとこを未だにくぅと呼んでいるのは弔くんが自分以外を呼ばせたくなかったという理由です。

19

ワンチャンダイブした結果、ヴィラン連合に仲間入りしました【ヴィラン連合】【ヒロアカ】

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

……どうしてそこまでして知りたがるの?. 振り返って視界に飛び込んだのは、今まさに人生に一度でいいから会いたいと思っていた張本人だった。 「天道日陽璃…です」 「…個性は?」 その問いかけに、ドクンと心臓が脈打つ。

9

ワンチャンダイブした結果、ヴィラン連合に仲間入りしました【ヴィラン連合】【ヒロアカ】

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

うわぁ…!ショート……すごく、すごくっ…… 「かっっこいい!!」 思わず心の声が口から出てしまい、その声が聞こえたのかダイナマイトとショートがわたしに視線を向け、何故かダイナマイトがニヤニヤと笑いながらこちらに迫ってきた。

4

『おひさまが微笑む時〖ヒロアカ / 爆豪、轟 / R18〗』第2章「☀︎ 生い立ちと突然の出逢い」 7ページ

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

恐る恐る振り返ると、予想通りの人物だった。 ずっと押さえておくのも大変だろ」 しれっとそう呟くショートに対し、ダイナマイトの目は更に吊り上がる。 とりあえず俺の氷で拘束しとくからちょっとどいてくれ。

『おひさまが微笑む時〖ヒロアカ / 爆豪、轟 / R18〗』第2章「☀︎ 生い立ちと突然の出逢い」 7ページ

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

あ…この声は……。 黙り込んでいると、いきなりダイナマイトの手が伸び、手に持っていた鍵を奪い取られてしまった。 「え!?ちょっ…、返して下さい……!」 「個性言ったら返す」 「そんな……」 これって一種の脅しでは!? こうなってくると、いよいよプロヒーローではなくどちらかというとヴィランだ。

15

【MHA】僕のヴィラン物語

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

10

『おひさまが微笑む時〖ヒロアカ / 爆豪、轟 / R18〗』第2章「☀︎ 生い立ちと突然の出逢い」 7ページ

ヴィラン 小説 ヒロアカ 夢

。 。 。

18