日航 ジャンボ機 ufo 遭遇 事件。 日航ジャンボ機UFO遭遇事件/怖い話投稿サイト 怖話(こわばな)

日航ジャンボ機UFO遭遇事件

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

この二日後、FBI、CIA、および当時のアメリカ大統領直属の科学調査班が召集され、キャラハン他FAA関係者22名を含めた報告会議が開かれた。 これは衝突の危険を感じる異常接近です。 JAL機長によるUFO目撃証言 機長によると、母船とみられるUFOのサイズは自機の大きさの3~4倍にも匹敵するほど巨大なもの。

18

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」 (2018年10月9日)

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

その後事件がマスコミに漏れて騒ぎになったことから、FAAのアンカレジ支部は業務に支障を来たし、事件翌々月の1987年1月、対処をキャラハンが率いる事故調査部に一任した。 飛行機に乗っていたのは、貨物機のため乗員は寺内謙寿機長を含む三名のみだった。 この事を地元アメリカのマスコミが「空飛ぶ円盤=フライング・ソーサー」と名付けて大々的に報道したため、UFO=空飛ぶ円盤というネーミングが定着していき世界でUFOブームが起きました。

6

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

墜落したUFO回収!? 機長が米軍空軍機の捜査を断った理由 日航ジャンボ機がUFOと遭遇した時、コックピットでは何が起きてきたかが詳細にわかっている。

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

キャラハンは全ての資料と記録をFAAの技術センターに移送させ、模擬管制室を用意して録音やデータを元に管制経過のリアルタイム再現を行った。 その様子を、寺内さんは手記の中で次のように記述している。

8

日航ジャンボ機UFO遭遇事件/怖い話投稿サイト 怖話(こわばな)

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

UFOを目撃したと語った寺内謙寿機長は、UFO騒ぎの責任を取らされたかのように 地上勤務に異動させられています。

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」 (2018年10月9日)

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

で行われた「 UFOディスクロージャー・プロジェクト」の公聴会で、日航ジャンボ機UFO遭遇事件の真相を知る証言者が現れたことです。

2

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」

Ufo 日航 遭遇 事件 ジャンボ機

UFOの歴史を語る上で有名な事件を紹介します! 世界で初めてUFO目撃!? その記事では、米航空宇宙専門誌編集者のフィリップ・J・クラス氏が、「 地平線から10度ほどの位置にあった木星と、その同方向にあった火星の見間違いではないか」と指摘しています。 「最後の幕切れは、作り話よりはるかにうまい具合に終わりを告げたわけであるが、今回の宇宙船のフライトは、目的がわからないため不安にはなったが、一切、危険を感じることはなかったのです」 寺内さんは手記の中で、自らの体験をこのように総括している。